LAMY エラストマー芯全滅の軌跡

これは、LAMY AL-star black EMRに付属してきたエラストマー芯3本が全滅するまでの記録です。

取得日:8/30
1本目が壊れる:9/9
2本目が壊れる:9/12
3本目が壊れる:9/22
主な描画先:Wacom One
筆圧:特別高くないと思う(標準芯は交換の必要なし)

こうしてみると、最短3日で壊れています。土日を含んでいるので、平日よりも使用負荷が高かったのかな。
土日で考えると、どのペン先も2度目の土日を迎えることができませんでした。

気が向いたときにサクッと描くだけの用途なので、耐久性に関しては問題ありとしか言いようがない状態です。

壊れ方について
全て同じです。ペン先の先端についているエラストマー部分が、替え芯から離脱してしまいました。
全て同じ壊れ方なので、設計が良くないのかなぁ とも。


以下個人的な感想

本体と替え芯3本(1本装着済み)で6600円です。
今のところエラストマーの互換替え芯は無いので、替え芯目的で買おうとすると1本あたり2200円という計算になってしまう。

正直、替え芯だけ売っていてもこの頻度で壊れるのは買えないです。
Wacom Pro Pen 2になってからエラストマー芯がなくなりましたが、たぶん同じように耐久性を確保できていないのでは、と思う結果になってます。

Wacom One用の替え芯が互換性ありなので、本体部分を利用し続けることは可能です。完全に好みと気分で使い分けになりそう。