サイトにviewportを指定した話

古代種なので基本的にPCで生きてます
サイトの確認もPCです
ふとスマートフォンでみたら、酷い酷い

何が酷いって、メニューが小さい
小さいから押せない。押せても別のリンクだったりする

ということで、素直にviewportを記述しました
ページ本体にも影響は出てるけど、まあひどくはないので気にしない

ブログは酷い問題なし、Wordpressの標準テーマは優秀でした。

Easy FancyBoxを追加

プラグインのEasy FancyBoxを追加した

クリックした画像をモーダル表示するプラグイン
前のWordPressだと、これなしで画像のリンク先を設定すると画像の直リンクになってしまうので必須だった気がする。

どうやらClassic Editorの有無で挙動が変わるっぽいのでClassic Editorは削除しました。
Classic Editor無しだと、モーダル表示後に左右キーで画像が変更できるので、こっちのほうがいいですよね。

Classic Editorを除外

プラグインのClassic Editorを除外した

相変わらずWordPressの新しいエディターは使いにくいと思うけど、精製したページの挙動が一部異なるため、比較した結果無しの方向で決定

Twenty Fifteenに変更

何やら色々とテーマを見てたら、Twenty Fifteenが良さそうなので変更してみました。

あと背景にイラストを入れてみた。
これだけで結構印象変わるねぇ。