dummyred のすべての投稿

RayTrek tab と Windows 11 そして戻す

初めに
Dev版Windows11のインストールは完全な自己責任です。PCが壊れても問題ない人向けです。安易なインストールは避けましょう

以下の感想もDev版の話です。正式版では改善されている事を期待してます。


Windows11が発表されました。
という事で、(Dev版を)Raytrek tabに入れました。
そう、実験台です

Windows11の条件のうち、画面サイズ9インチは未達成ですが普通にDev版は入りました。(正式版はどうなるか不明)
Insider Preview有効にして、Dev版指定して、Windows Updateするだけで降ってくる。


結論:重い

UIが重い。Windows11で新しくなった見た目関連が全て重い感じ。正式版ではないので、不具合確認用のコードとか色々入ってるんだろう。

Clip Studio:まともに線が引けない

Windows10も重かったけど、Clip Studioはそこそこ動いた。が、Windows11はダメ。Dev版なので・・・という事にしておこう。


結局、短い試用でWindows11はWindows10に戻しました。Windows11が重いだけなら入れたままにしようかと思ったけど、Clip Studioが動作不良のRaytrek tabなんて、発熱する板です。
Clip Studioがまともに線引けるって良いね。

Raytrek Tab 一週間での感想

前回Raytrek tabを少し触った感想を残したけど、一週間かけて空き時間に触っていたので追加等々

Raytrek Tab でラクガキ
画面が物理的に小さいので、細かい違和感は気付けない

Bluetoothキーボードが接続されました。
無くても何とかなるけど、やっぱりあったほうが良い。
対してマウスは追加されていません。タッチでも操作できるし、細かい部分はペンを持ち出せばいい。

フィルムの使い込み感。
最初からフィルムが貼ってあり、非常に描き心地が良いんだけど、既に使い込んだ感が出てきている。
フィルムの耐久性についてはわからないけど、既に期待できない雰囲気は感じている。

バッテリーの持ちについて。
基本常時電源接続して使っているので参考程度に。
たまにバッテリーで動作させてみているが、落書き用途なら問題は感じず。
ただ残量の減りは早いように感じる。

おまけのWindows11
発表されたWindows11。Windows10が最後のWindowsとか言っていた気もするが?
で、システム要件チェックツールを動かしてみたら、Windows11にアップグレードできるとのこと。11の最小要件に9インチってあって、Raytrek tabは8インチなのだが?

reytrek tab

デバイスが増えたよ
という事でRaytrek tab買ってみました

デバイスの詳細は売ってるページを確認してください
性能的な懸念は多々あるけど、たぶんCPUが足を引っ張るので、CPU以外の部分が気になることはないだろうと予測しでの購入です

結果としては予測通りで、8GBのメモリの影響出るかなーと思ったけど、四六時中CPUが足を引っ張る感じ
CPUが足を引っ張るけど、それ以外は等しく性能が低いので奇麗にまとまっている不思議な印象があります


人に勧めるか?

Celeron N4000と聞いて、性能をイメージできない人にはお勧めしない。
性能がイメージできる人が、持ち運び用に割り切ったデバイスが欲しいならありだと思う。


少しだけ触った感想

  • 鞄に仕込ませておくデバイスとしてはいい感じ
  • 性能は低いけど、8インチでできる事を考えると、意外と必要な性能は満たしている。CPUはギリギリ
  • ペンはWacom EMR廉価版で問題無し

その他いろいろ

  • 物理的な側面
    • 筐体は意外と大きく感じる。画面の縁が大きめ
    • 厚さと重量は実測のわりに大きく感じる
    • 結構熱くなる(指紋認証周辺が中心)
  • ペンとタッチ
    • Wacom EMRなので、ペンとしては普通
    • 傾き検知もよく動く
    • ジッターは感じない(クリスタ)
    • ペン使用中の誤タッチはほぼなし(クリスタ設定後)
    • 最初からフィルムが貼ってあり、書き味は良い
    • 視差は少なめ
    • ペンが本体に付くとかはない。そのうち無くす
  • クリスタ
    • Debutが付属。機能制限は結構ある
    • 「ペンでツールを使用」は無効化しないと誤爆あり
    • タブレットモードがデフォルト。正直これは好みかな
    • 描画範囲の狭さは仕方ない。設定で何とかしよう
  • Windows
    • Windowsもタブレットモードがデフォルト
    • 何故かタブレットモードが重く感じる。オフにした
    • 描画範囲を確保するために、各種の設定変更推奨
    • 仮想タッチパッドの存在が謎
  • その他
    • スピーカーは「音が出る」レベルのもの
    • 本体裏に製造番号のシールがあるが、こするだけで消える
    • ACアダプタは、他の電源を潰すタイプ

夏のSurface

毎年の事ですが、夏が来ました。
夏のSurface Proは凶悪です。

Surface Pro 4は既に古いPCですが、今のSurface Proも大して変わらないでしょう。
そう、耐えがたいほどに熱い。

Surfaceでイラストを描こうとすれば、画面と手が接し続ける訳ですが、Surface Proの画面裏にはCPUという熱源があるわけで、とにかく熱くなります。

というわけで、軽く火傷しました。
Surfaceに限らず、皆さんも気を付けましょう。

見た目重要

前回の続き。
むしろ更新する気も無かったけど、少しだけ追加。

ダウンロード先

背景が追加されただけです。
影とかはunityが勝手にやった事なので存じませぬ。


掛けた時間ははるかに短いけど、ミサイルの動きとかより完成度に高く影響しているように思えるのは、複雑な気分。
見た目って重要ですねー…

SDPSci-Fiの吐き出したスクリプト

前に買って、(音鳴らして編んだ後)そのまま放置していたSDPSci-Fiを使ってみたら、音が出ない?

結論から言うと、吐き出すスクリプトに音量距離減衰の影響度がハードコーディングされていました。


何が起きたか

このツール、Unity用のサウンド出力ができる。(当然、ただの音としても出力できる)

ということで、Unityで使ってみたら音がしない(厳密には極小音でなっている)


原因はこちら

選択箇所、何かが直書きされています。

調べたら、距離に応じて音量を減衰させる効果の強さとのこと。

ゲーム中のオブジェクトに使うならこれでいいけど、設定とかの音量も影響を受けてしまうので、直書きはどうなんだろう?
(3Dゲームの、ゲームオブジェクト以外では使わないと思う。)


おまけ

ツール側で設定できそうだけど、簡単に見た限りでは設定は見当たりませんでした。

Unityで半日クオリティ

Unityで半日くらいで作ってみた。

ダウンロード先

プロジェクト作ってからビルドまで半日強。
当然、その間張り付いて作っていたわけでもないので、実時間は不明。多分3~4時間くらい。

ちなみにWebGLでブラウザ動作させようと思ったけど、ビルドエラーが直らないのであきらめた。

証明書の更新が失敗してた話

このブログの証明書の更新が失敗してた話

結論から言うと原因不明
安いレンタルサーバーだし価格相応という話で終わるだけかもしれない


放置の歴史

  • 証明書更新失敗のメールは来ていた
  • 今までも来ていて、なんだかんだ言ってギリギリで更新成功していたので様子見(という名の放置。正常性バイアス)
  • 見事証明書の期限切れへ

原因不明だが、直った(直した?)までの経緯

  1. 対策無しで管理画面での手動更新
    3回くらいやって全部失敗したのでやめ
  2. 手動更新の失敗画面から思い当たる修正
    画像のリダイレクトを削除。意味なさそう
  3. 見事意味なし
  4. NS向けてる先を変更
    正常な時からNS変わっていないので更新できたとしても原因か不明
  5. 手動更新成功

うんわからん