PCを新しくした話

メインPCを新しくしたのでメモ程度に残す話。

Ryzenの5000シリーズが出る直前で微妙感もあるけど、なんとなくIntelにしたかったので関係なし。

  • 7700k ⇒ 10700k
  • mini-itx ⇒ microatx
  • ケースがデカくなってCPUクーラーもデカくした
  • その他パーツは流用

コア数が倍になりました。7700kは今ではCore i3と同じ性能帯です。悲しいね。
マザーが大きくなっているのは、以前のマシンで割と苦労したから。最近はNVMEがマザー直付けなので、mini-itxが狭くなってしまった。
ケースは流用不可能なので、安さだけでVersa H17を選択。やっす。
CPUクーラーは風魔 弐を選択。これが曲者だった。針金を引っ張ってクーラーを固定するのだが最初コツがわからず、即フィンを曲げてしまう。

1日も使ってないけど印象とかとか

  • cinebenchはスコア倍化 ⇒ コア倍なので当然
  • 温度は一瞬80度位。すぐに70度で安定
  • CPUのピーク消費電力は180W位。ゲーミングマザーじゃないので大人しい印象
  • 肝心の実運用への効果は、PC設定中につき不明。期待はしている

なお、7700kはドミノされたのでまだ動いてたりする

unityのray tracing

unityのレイトレーシングを触ってみた。
割とpreviewな注意書きが目立つので、どうなるかわからない。

まずはYoutube見ながらの試し。モデルの車は無償の奴。
レイの長さが足りなくて苦しい。
床は四角形のはずだけど、奥が丸くなってしまっているのがわかる。
GTX 1060 6GBで試してます。動くだけマシだけど、すごく重い。

ちなみに、intelだけで実行した結果がこれ。
レイトレーシングのマテリアルが全滅。

最後に、自前で色々と遊んだ結果。
これは実行ファイルをダウンロードできるようにしておいたので、
この辺からどうぞ。

unityは楽でいいね。という結論。

サイトにviewportを指定した話

古代種なので基本的にPCで生きてます
サイトの確認もPCです
ふとスマートフォンでみたら、酷い酷い

何が酷いって、メニューが小さい
小さいから押せない。押せても別のリンクだったりする

ということで、素直にviewportを記述しました
ページ本体にも影響は出てるけど、まあひどくはないので気にしない

ブログは酷い問題なし、Wordpressの標準テーマは優秀でした。

Cintiq 22 追記

前回の追記

多少は触った時間が増えたので、追記しときます

  • ペンの性能はすごい
    • フェザータッチで描ける
    • ただしデルキャンの感覚が残っているので生かせない
  • 少しだけ、動きのおかしいソフトがある
    • イラストソフトとかではないので、気にしない方針
    • そう、デルキャンは動きのおかしいイラストソフトが多かった
    • マウスは処分できない
  • 小さくなったけど耐えれるレベル
    • 27インチWQXGA⇒21.5インチFull HD
    • B5原寸がギリギリ入るのは便利
    • 解像度は気にならない
  • 使ってない機能
    • スタンドは最大まで倒したまま固定
    • 電源ボタンとランプは位置もあって存在を忘れる
  • 不便
    • ペン立てほしい

Cintiq 22にリプレース

デルキャンからCintiq 22にリプレースしたので、使った感想です
主にデルキャン比較

ペンタブとして

  • エリア端でもカーソルの動きが安定している
  • 動きのおかしいソフトが無い。デルキャンも中身はwacomなんだけど、動きのおかしいソフトは多かった
  • 追加のボタンやタッチが無い。個人的に評価点
  • ジッターは感じない

液晶ディスプレイとして

  • なんか色薄くない?気のせい?
  • A4縦は入らない。B5縦は工夫すれば入る

液タブで気になる点

  • 視差は大きい(横から・正面から)
  • 熱くはならない
  • ベゼルは狭めで、画面端をペンで操作するのは向かない

スタンド周り

  • スタンドが標準で付属。Cintiq16には付いてない
  • スタンドは最大まで倒しても、結構角度あり
  • スタンドの形状から、倒すと液晶以上に奥行きが必要

その他

  • 電源ボタンと電源ランプが液晶の上にある。タブとして使うと背面になる。つまり見えない。
  • 冷却用らしき穴が開いているが、ファンはない

DS218j続き

多少触ったので追記

  • メモリは足りない
  • Synology Drive
    世代管理がメモリを消費するのか、後々遅くなったので停止した。
  • Synology Note
    OneNote使ってると機能不足を感じる
  • Synology Office
    Officeあるので出番なし

ただのNASとして使う分にはOK
Synology Driveの世代管理に期待するなら素直に上位版を買ったほうがよさそう。

おまけ:入れるHDDはよく調べた方がいい

Synology DS218j 導入したのでまとめ

SynologyのNAS、DS218jを導入したので使い勝手とかまとめ

DS218jはNASキットなのでHDDはSeagateのBarraCuda 4TB入れました。SMR使ったHDDなので遅くなるとか色々聞くけど、今のところ問題なし。
1Gbps接続なのでそもそも遅いとか、色々と理由はありそう。

初期だと勝手にSynologyオリジナルなRAIDもどきが入るけど、HDD2台だしRAID1で良くない?という感じでRAID1に再設定済み。上位版はbtrfsが選べるけど、廉価品のDS218jはext4しか選べません。
btrfs調べてたらビット腐敗なる物を知った。選択できるなら選択してたかも。

最終的にSynology Drive以外のアプリは使いそうにない。
以下使った感想

  • 速度面
    • 1Gbpsの有線LANがボトルネック。つまり問題なし
    • ランダムは遅くなるけど、HDDなので当然
    • メモリは512MBしかないけど、アプリ入れても問題なく動いている
    • CPUはカツカツ
  • アプリ(使ったのだけ・管理用アプリ除外)
    • Synology DriveはDropBoxとかOneDriveと同じ
      ロックされたファイルとか、一部同期しないファイルとかはある
      単純に速度が出るので、同期は早い
    • Synology NoteはEvernote
    • Synology OfficeはGoogle Office
    • Photo Station等のメディア関連
      写真やビデオ置いて整理する。イラスト置いてみたけど用途が違う感じがした
  • サードパーティアプリ(使ったのだけ)
    • Git Server
      SSHで入って設定したけど、そこまでして使う気はしない
    • WordPress、Joomla、Drupal
      CMSが動く。速度はそこそこ
  • DS218jだと使えないアプリ(気になった奴)
    • GitLab
    • Docker
    • 仮想マシン